犬の散歩代行サービスならペットシッター!ペットホテルとの違いも解説

この記事では「犬の散歩代行サービス利用の流れ」や「ペットシッターとペットホテルどちらが良いのか」などについて解説しています。

近年、共働き世帯が増えているため「愛犬のお散歩に行けなくて困っている」という方が多くなっています。そんな中で解決策として「散歩代行サービス」が流行りつつあることをご存知でしょうか。都市部では特に一般化しつつあります。そこで今回は「犬の散歩代行サービス利用の流れ」や「ペットシッターとペットホテルどちらが良いのか」などについて解説していきます。

犬の散歩代行サービス

犬の散歩代行サービスは、何らかの事情で散歩に行けない飼い主の代わりにペットシッターなどが散歩を行ってくれるサービスです。多くの場合、一緒にお世話もしてくれます。アメリカでは「ドッグウォーカー」と呼ばれており一般的なサービスですが、日本ではまだあまり普及していません。

犬の散歩代行サービスの流れ

犬の散歩代行サービスの細かい流れは業者ごとにまちまちですが、大まかな部分はほとんど変わりません。

主な流れは
1. 散歩代行ができる業者の予約を行う
2. 初めての利用であれば、シッターと顔合わせ、打合せを行う
3. 当日、シッターが自宅へ来て散歩やお世話などを代行
4. 散歩代行やお世話などが終わり次第、飼い主へと連絡が来る
以上4つとなります。注意点などについても順に解説していきます。

1. 散歩代行ができる業者の予約を行う

当然ながらまずは、散歩代行業者の検討を行ったうえで予約する必要があります。予約の仕方はホームページからであったり、電話からであったり、と業者によって様々です。そのため、事前に依頼する業者のことを調べ予約方法の確認をしておきましょう。
注意点としては
・過去の実績の確認
・口コミ評価の確認
などを忘れずに行うことです。不安感を消すためにも行っておいて損はないですよ。

2. 初めての利用であれば、シッターと顔合わせ、打合せを行う

初めての利用である場合
・シッターとの顔合わせ
・当日の散歩時間やルートの打合せ
などが行われます。ただし初回だけでなく、顔合わせや打ち合わせを毎回行う業者もいますので、注意してください。

この顔合わせの際に、聞きたいことなどあれば聞いておくことをおすすめします。例えば「経験年数」などです。大切な愛犬を預けるわけなので、慎重になりすぎるくらいでちょうど良いです。

また「散歩を複数回依頼したいので、1回1回ルートを変えたい」といった場合にも相談してみてください。散歩代行サービスでは、かなり柔軟に対応していることが多いため、要望は全て話しておくことをおすすめします。

3. 当日、シッターが自宅へ来て散歩やお世話などを代行

打ち合せした通りの日時に、シッターが訪問し代行を行います。また、職場など自宅以外の場所に派遣可能な散歩代行サービスもあるため、打ち合わせの際に確認しておきましょう。

注意点として挙げられるのは「散歩代行サービスを依頼する際には、合い鍵を渡す必要があること」です。事前に用意しておかなければ「当日見つからない」という問題が発生しかねないので注意してください。また、利用頻度によっては長期的に合い鍵を預けられる場合もあります。

4. 散歩代行やお世話などが終わり次第、飼い主へと連絡が来る

散歩代行では、サービスの終了通知がSMSなどで連絡されます。また
・散歩した時の様子
・お世話した時の様子
なども報告してくれることが多いです。

何か変わったことがあればすぐにでも連絡が来るため、安心して愛犬を預けることが出来ます。もし連絡事項に希望などがある場合には、打ち合わせ段階で事前に相談しておきましょう。

以上が一般的な散歩代行サービスの流れになります。また、業者によっては
・手足のお手入れ
・ケージの掃除
・トイレの掃除
・簡単な健康チェック
などを行ってくれることもありますので、希望のサービス内容から業者を探してみてください。

ペットシッターとペットホテルどちらがおすすめ?

ここでは、ペットシッターとペットホテルのメリットデメリットについて紹介していきます。それぞれを比較し適切な散歩代行業者を選択してください。

ペットシッター

ペットシッターでの散歩代行におけるメリット

・自宅に呼ぶためペットの移動時間などがない
・細かいお世話などをお願いできる
・飼い主と犬、双方の心的負担を和らげられる

デメリット

・カギを預けなければならない
・ペットのひとり時間が長い

ペットシッターでの散歩代行におけるメリットデメリットについては以上の通りです。

一番のメリットは「細かいお世話などをお願いできる」という点です。例えば、後述で紹介しているペットシッター業者「オリーブシッター」では依頼したいお世話を「オーダーメイドで組み合わせること」ができます。

そのため
・散歩代行サービス
・ご飯をあげる
・ドッグランへ行く
といった組み合わせの依頼も可能です。反対に「散歩代行サービスのみ」というのも可能です。

ペットホテル
ペットホテルでの散歩代行におけるメリット

・ペットのそばに誰かしらひとがいる
・運営元によっては追加サービスが受けられる

デメリット

・他のペットから病気をもらう可能性がある
・移動や新しい環境が犬にとってストレスになる可能性がある
・ペットの送迎や荷造りが必要

ペットホテルでの散歩代行におけるメリットデメリットについては以上の通りです。

一番のメリットは「運営もとによっては追加サービスが受けられる」という点です。ペットホテルの場合、運営元が病院であったりトリミングサロンであったりするケースがあります。そのため、運営元次第では診察が受けられたり、トリミングが受けられたりという特典があります。

ペットシッターとペットホテルの違い
ペットシッターとペットホテルの違いは上記からもわかる通り
・犬の移動が必要かという点
・ほかのペットが近くにいるかという点
・ペットの近くに人がいるかという点
以上の3点です。

まず「愛犬に負担をかけたくない」という方にはペットシッターをおすすめします。外的変化が少なく済むためストレスが増える心配も少なく、病気がうつる可能性も少ないです。

反対に「長期間愛犬のお世話を任せたい」という場合にはペットホテルがおすすめです。基本的にペットシッターは短期間のお世話向きと言えるので「数日出張が入りどうしても」などという場合にはペットホテルを探しましょう。

おすすめの散歩代行サービス業者

おすすめはペットシッターです。その理由は「犬にとってのリスクが少ないから」です。犬にとってのリスクとは
・病気のリスク
・精神面での健康が害されるリスク
などです。

精神的に不安定になった犬には
・噛み癖
・吠え癖
などが見られますので、注意してください。また、ペットシッターの中でもおすすめな業者は「オリーブシッター」です。

オリーブシッターでは
・オーダーメイドのお世話内容
・2名体制でのシッティング
・送迎・付き添い
・長時間シッティング
・ご指定場所でのシッティング
などを行っています。また、実績もある業者で口コミ評価も高いため、安心して愛犬を預けることができます。

まとめ

「犬の散歩代行サービス利用の流れ」や「ペットシッターとペットホテルどちらが良いのか」などについてはお分かりいただけたでしょうか。基本的にペットシッターの方が気軽に依頼しやすいため、そちらがおすすめです。もし依頼先に迷ったときは、上記で紹介した「オリーブシッター」を利用してみてください。